2019年10月28日

【特集】REIT物件の魅力を直感的に伝える新たな手法とは? グローバル・ワン不動産投資法人(GOR)の実例に迫った。

今回、グローバル・アライアンス・リアルティ株式会社 山崎 弦氏にご協力をいただき、物件紹介動画の制作に至る経緯や、リニューアル公開後の反響など伺ってきました。

2019年3月に投資法人のWEBサイトをリニューアル公開したグローバル・ワン不動産投資法人(以下、GOR)。

デザインの刷新はもちろん、コンテンツも大幅に拡充された新しいサイトにはドローンで撮影を行った「TK南青山ビル」の紹介動画が掲載されています。

今回、GORの資産運用会社であるグローバル・アライアンス・リアルティ株式会社(以下、GAR)山崎 弦氏(写真左)にご協力をいただき、ドローン撮影を実際に行ったProp Tech plus(以下、PT+) 空人チームの松下(写真右)が物件紹介動画の制作に至る経緯や、リニューアル公開後の反響などを伺ってきました。

①投資法人サイトのリニューアルに際し強く意識したこととは

略歴:山崎 弦(やまざき げん)氏
1994年㈱三菱銀行(現㈱三菱UFJ銀行)に入行。三菱UFJモルガン・スタンレー証券㈱不動産グループ出向、ストラクチャード・ファイナンス部において、10年に亘ってエクイティやデット等で不動産証券化業務に従事。2017年よりグローバル・アライアンス・リアルティ㈱に出向、投信業務部長に就任(現職)。グローバル・ワン不動産投資法人の財務・会計・IR業務を統括。

【PT+松下】 
まずは投資法人のWEBサイトをリニューアルすると決めたとき、
やるからには何か新しいことをやってやろうというようなところがあったのかと思います。その辺り、リニューアルに対してどういった意識づけをしていらっしゃったのでしょうか。

【GAR山崎氏】 
一番は、いまの主流を意識しつつも、GORらしさを残しながらもオリジナリティのあるWEBサイトにしたいと考えました。
あとは分かりやすいこと。長々と文章を記載するのではなくシンプルに訴求できるコンテンツ作りを意識しました。

【PT+松下】
確かにデザインの話をさせていただいたときも先進性は求めるけれども、分かりやすさを最優先するというお話があったかと思います。
そういった部分を意識しつつリニューアルの構想をまとめる過程で、個人投資家向けページに登場しているGORオリジナルキャラクター「グロワンくん」が誕生したかと思うのですが評判はどうですか?

【GAR山崎氏】
評判はとても良いですね。

【PT+松下】
いまいろいろなところで活躍している感じですか?

【GAR山崎氏】
そうですね。今のところ、個人投資家向けのセミナーで配るノベルティにグロワンくんを登場させています。

【PT+松下】 
着ぐるみはつくらないんですか?

【GAR山崎氏】
着ぐるみはつくらないです(笑)。
今後の展開として究極は「Vtuber」も面白いかと思っていますが、暫く皆さんの反響を見てから考えていきたいので、まだまだ先の話ですね。

【PT+松下】
方向性としてはありですよね(笑)。
やはりJ-REITという金融商品が個人の投資家の方にはまだまだ分かり難いと思うので、我々もそういった課題の解決に向け、様々なアプローチを提案していかなければならないと考えています。

1| 2| 3| 4| 5| 6

ReitInfo.com

Property Acquisition Price Rankings

(Billions of yen)

1 Roppongi Hills Mori Tower 115
2 Tokyo Shiodome Building 110
3 Shiodome Building 107
4 Kitanomaru Square 82
5 Garden City Shinagawa Gotenyama 72
Unit Price Growth Rankings
1 Invincible +3.41%
2 GLP J-REIT +2.95%
3 MORI TRUST Hotel +2.30%
* This website provides information and data on J-REITs and is not intended as a solicitation for investment.
* The information appearing on this website has been carefully vetted, but the accuracy of the content is in no way guaranteed and may change without notice (that is, it may be modified or deleted).
* Users shall be responsible for the use of the information published on this website. The Company cannot be held liable whatsoever regarding the use of this information.
* Copyrights related to the information published on this website belong to the Company. The unauthorized use (diversion or reproduction, etc.) of this information is strictly prohibited.