2020年02月18日

平和不動産リート投資法人

FISCO REIT REPORT

平和RE Research Memo(5):高水準の分配金を予想

■今後の見通し

● 2020年5月期と2020年11月期の業績予想
平和不動産リート投資法人の2020年5月期(第37期)の業績は、営業収益6,233百万円(前期比1.5%減)、営業利益2,822百万円(同4.9%減)、経常利益2,388百万円(同4.7%減)、当期純利益2,387百万円(同4.7%減)の見通しだ。2019年11月期に計上した資産譲渡益がなくなることが、減収減益予想の主因である。また、2020年11月期(第38期)は、営業収益6,227百万円(前期比0.1%減)、営業利益2,829百万円(同0.3%増)、経常利益2,417百万円(同1.2%増)、当期純利益2,416百万円(同1.2%増)を予想する。ただ、これまで常に期初予想を上回る決算を続けていることを考えると、今回も慎重な業績予想と見られる。

外部成長戦略では、2020年5月期には2物件を取得予定である。また、内部成長戦略では、オフィス、レジデンスともに、賃料増額改定の進展を見込む一方で、稼働率については、オフィス、レジデンスともに保守的に設定している。さらに、財務戦略では、過去に借りた金利の高い借入金の満期が到来し、良好な金融環境のもと、リファイナンスとともに費用低減の進展を見込んでいる。以上により、2020年5月期の分配金は2,525円(前期比25円増)、2020年11月期も2,525円と、高水準を予想している。

平和不動産リート投資法人FISCO REIT REPORT

 

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)

本記事の重要事項(ディスクレーマー)はこちらのリンクの資料よりご覧ください

掲載内容に関しては株式会社フィスコIRにお問い合わせください。

1|2|3|4|5|6|7|8

ReitInfo.com

Property Acquisition Price Rankings

(Billions of yen)

1 Roppongi Hills Mori Tower 115
2 Tokyo Shiodome Building 110
3 Shiodome Building 107
4 Kitanomaru Square 82
5 Garden City Shinagawa Gotenyama 72
Unit Price Growth Rankings
1 SOSiLA Logistics +4.55%
2 Nippon Prologis +3.36%
3 ITOCHU Advance Logistics +3.36%
* This website provides information and data on J-REITs and is not intended as a solicitation for investment.
* The information appearing on this website has been carefully vetted, but the accuracy of the content is in no way guaranteed and may change without notice (that is, it may be modified or deleted).
* Users shall be responsible for the use of the information published on this website. The Company cannot be held liable whatsoever regarding the use of this information.
* Copyrights related to the information published on this website belong to the Company. The unauthorized use (diversion or reproduction, etc.) of this information is strictly prohibited.